青春はとまらへんわ~!

腰がぬけてうまく笑えないオタクの体験記

私が見た24(ニシ)、映像化された24(ニシ)

 

 

1ヶ月に2回は「発売まだ?」とこぼしました。特集がなされたテレビ誌・ドル誌は買い占めました。自分がはち切れるくらいいっぱいに受け入れられるように、約7年も愛してやまなかった元担*1(昨年夏に担降り)のライブ映像や大切にしていたグッズ*2をパァーーーッと売りさばきました。それくらい、リリースを楽しみにしていました。我ながら「思い切り」って怖いと思った。でも、周り(特に家族)が不思議がるくらい未練はありません。※元担つながりで仲良くなった方、ごめんなさい

 

 

私にとって、2016年のクリスマスイブとクリスマスは、本当に!マジで!人生で最高に!最高に!!!幸せな日でした(1ミクロンも盛ってません)そのクリスマスイブとクリスマスに開催されたジャニーズWEST 1st ドーム LIVE 24から感謝届けます」のDVD・Blu-rayが、2017/05/24(水)、2017年のコ(5)ニシ(24)にめでたく下界に降りてきてくださました。

 

「おかえり!!!待ってたよ~~~ようこそ我が家へ!!!;;」

 クリスマスの公演にクレーンカメラが入っているのを見たから、絶対に映像になると信じていたけど、それでも、手元に届いて思わずそっと撫でてしまったよね……………今までで一番大切な公演になったこと、自分が入った公演がそのまま映像になるのが初めてということもあり、フラゲ日は定時退社して各所ダッシュして帰宅したよね……………

 

この記事は、私の体験と、リリースされた映像の照らし合わせメモです。

まずは、私が見た24(ニシ)編。主に24日クリスマスイブの感想。

 

グッズ売り場で流れるジャニーズWESTの曲

前乗りして大阪入りしていたものの、グッズは公演当日に買いに行った私。グッズ売り場の出口のところでCDやDVDが売られているのは、ジャニーズではお馴染みの光景ですよね。ワクワク学校2016のグッズ販売でもジャニーズWESTの曲は流れていたしCD・DVDも置かれていたけど、クリスマスイブはジャニーズWESTのCD・DVDしか並んでいなくて。「本当にドーム公演をやるんだ…」と感慨深くなりました。「♪べびあいらっびゅ~!おぅいぇ~~~!!!」*3って濵ちゃんと照史くんに『愛してる~!』言われたから「やだ私すごい愛されてる」なんて内心思ってました(変人自覚してます)

 

THE・クリスマス公演

元々1年で最も好きな季節が冬というのも加速要因となったのか、会場に入ってBGMを聞いて潤む・ステージの絶妙に安っぽいクリスマスツリー(褒めてる)を見て潤む・自身最高の距離感(24日はアリーナのブロック最前列だった)に潤んだのを覚えています。自分たちの曲と先輩方の曲で構成されたクリスマスメドレーも素敵だった。メンバー間では“濵田コーナー”と呼んでいたみたいだけど(笑)「WISH」にりゅせじゅん*4を、「Sexy Summerに雪が降る」に濵田をキャスティングしたやつ出てこい!!!菓子折り送らせろ!!!赤・白・緑のクリスマスカラーの風船が舞い降りてきたのもきれいだったな。初日は風船の捕獲に必死で、突然の「エエやんけェ!」にびっくりしたのも良い思い出(風船持ちながらパラパラ踊った)。アンコールで、メンバーカラーのサンタ姿になった7人が出てきたのも嬉しかった。25日の追加公演ですってんころりんした望の頭を優しくポンポンしてた淳太くん、メンバーのことが大好きなのが伝わってきてじんわりした。「おれたちアホやけど男やからさ。プレゼントもらったからには、ちゃんとお返しするよ(ニュアンス)」と淳太くんが挨拶してたから、「7人のサンタさんが最高のプレゼントくれた;;」と勝手に変換してました。淳太くん解釈が違ったらごめんね(笑)

 

ジュニア時代コーナー

 B.A.D.の「アメフリ→レインボウ」、濵ちゃんの「Stay Gold」、7WESTの「Dial Up」、「NEXT STAGE」、「シルエット」。デビュー後から応援を始めた人間として、見たくても見れなかった、触れようと思っても触れることができなかった関西ジュニア時代が、1コーナーになってセットリストに組み込まれていた。ジュニア時代を知らないことを何度悔やんでも悔やみきれなかったし、それこそ一生見れない「幻」だと思っていたから、デビュー後のファンを受け入れてくれたような、許してくれたような、昔からのファンに少し追いつかせてくれたような気がして、とても嬉しかった。「ファンの方からジュニア時代を知らなくてごめんなさいって言われるんだけど、その気持ちをなくしてあげたくて」という淳太くんの考えでセットリストに入ったこと、本当に感謝しています。淳太くんありがとうね。

 

“らしさ”と“攻め”を両立したセットリスト

 ジュニア時代コーナーやクリスマスメドレーでライブのタイトルに相応しいコーナーを、オープニングとパラパラコーナーのわちゃわちゃでジャニーズWESTらしさを、「CHO-EXTACY」「one chance」でかっこよく攻めるコーナーを、とジャニーズWESTの良さの1つであるメリハリがはっきりしたセットリスト”が、このドーム公演でも遺憾なく発揮されていた。「踊りを揃えないとチョけられないから」というしげのインタビュー*5がしびれる。わちゃわちゃセクションとかっこいいセクションをメンバーでしっかり共有してばっちり合わせてるんだよ、もうたまらんわ Night and Day(やめなさい)クラブの映像から「CHO-EXTACY」への流れが凄まじくて、初解禁になった時の「なにこれ…」と硬直してる同士とちょえくへの歓声は忘れられない。みんな砕けてたよね、そのあとのラキスペなんて本当に「ちゃうちゃうちゃう、ちゃっちゃうちゃう」だったよね(ラキスペ大好きです)

※パリピポでの「PARTY MANIACS」初回にも立ち会いたかったなぁ

 

 

挨拶~「All My Love」

 7人の気持ちが生々しく伝わってきた挨拶だった。

「7人はここまでくるのに簡単ではなかった、一緒に同じペースで、同じ歩幅で、一緒にこの景色を見ましょう、そばにいてください(桐山)」

「鼻がのびるようなことがあれば叱ってください、遠い存在になるかもしれないけど、僕たち普通の男の人、クラスに1人はいるような人(濵田)」

「大勢の人に支えられてできている、幸せで嬉しいです、変人7人組ですけどもよろしくお願いします(小瀧)」

「僕たちのライブは気持ちのぶつかりあい、これからも素直で自由なライブをしていきます(重岡)」

「いろいろありました、あきらめかけたけど前を向けたのはみんながいたから(藤井)」

「虹って見たらほっとする、僕たちもメンバーカラー虹色、俺らを見たらほっと安心してもらえるような存在に絶対なります(神山)」

「僕たちは大きくなるのが目標、会場が大きくなっても心はみんなのそばにあります、一番近い関係でいよ?(中間)」

(25日オーラス挨拶より抜粋)

4→7については、当時を知らないから何とも言えないんだけど、ドームのステージをふんだことで、メンバーもファンも新しいスタートラインに立ったように感じた。個人的には、濵ちゃんと淳太くんの“会場大きくなったら遠くにいっちゃう”問題についての言及がぐっときた。ドーム公演開催の発表した時に、割とざわざわしてたよね。「ドームは早い」「アリーナクラスで会えなくなっちゃう」っていう意見をいくつも見た。でも、ドームで「俺たちは遠くに行かない」と宣言してくれたから。ファンの声を大事にしてくれる7人だから。信じて、ついていきたいと強く思った。

 

 

ファンのあたたかさ

これもドーム公演の演出の1つの要素になったと思われる雪だるま型のペンライト。7色に光るペンライトはジャニーズWEST初で。自動制御のペンライトじゃないのに、誰も強制してないのに、公演中ファンがメンバーの色に変えるから、ドーム内が一色に染まっていく景色が圧巻だった。メンバーカラーに!と必死にボタンを押して鳴る「かちかち…」って音が愛しかった。あと、開演前の「ええじゃないか」。1人1人の歌声はちっちゃくても\\もう1回!!!//が揃って「うふふ///」ってなったジャス民がかわいいなぁ、大好きだなぁって。みんなが同じくらい楽しみにしてきて、全国各地から大阪に集まってるんだなぁって。ペンライトが「ええじゃないか」に合わせて動くのもすっごくきれいだった。点灯確認した時、ペンライトの強い発光力に最初はびっくりしたけど、ドームの中が7色に光るのが本当にきれいだった、泣けた。

 

続いて、映像化された24(ニシ)編。先に言っておきます。少しばかり批判的です。

 

ドキュメンタリー

リハ・打ち合わせ風景が足りない。OP映像・ちょえく前映像のメイキングがない。追加公演の様子がない。

7人が初めてドームのステージに立つ様子・ドーム公演への意気込み・リハーサル含めた初日の開演までの緊張感・初日公演のダイジェストが収められた見応えのあるドキュメンタリー。初めてのドーム公演で7人がふわふわしてるのもそうだけど、先輩達が使ってきた楽屋に入る時だったり、自分達のフロートに乗る瞬間だったり、一発めぇ(省略)のドキュめぇ(省略)ンタリーからまた一回り大きくなってからの初々しさを見ることができた。「エイトも嵐も使ってきたとこや」と楽屋のソファーにダイブしてみたり、別仕事で朝からの不在の照史くんのことを「あきと、おらんねや」とこぼしたり、ジャニーズWESTの素直なところがそのまま出ていた。ただ。欲を言えば。雑誌のインタビューで「アリーナクラスのリハと同じようにふざけていたらスタッフさんに『もっと気を引き締めろ』と怒られた」と言っていたけど、そこも入っててほしかったし、リハ室?でのドーム公演のリハーサルやセットリストの打ち合わせ(特にセクハマ)の様子も入れてほしかったなぁ。ディスクの値段が少々上がっても、販売形態が少々増えても、“初めてのドーム公演”を1つ1つ作っていく様子を片っ端から入れてほしかった。それこそ、3公演全部1枚ずつ発売してほしかった。3公演全て、1公演ずつが、言葉にできないほど大切だから。JEさんも厳選して収録してくれたんだろうけど、やっぱり、ちょっと、心残り(笑)

 

 

ライブ本編

\キャー!/が足りない。ペンライトが一色に染まっていく様子が足りない。ペンライトの「かちかち…」って音が足りない。

セットリストと収められてるパフォーマンスに関しては文句なし。だけど。だけども。私が当日体験した中のほんの一部しか入ってないような気がして。やむを得ず公演を諦めた方には「ふざけんな」「贅沢言うな」と言われるのを覚悟して言うけど、私が見た24(ニシ)は、もっと、熱かった。なうぇすとの映像化ではもう少し改善されててほしいなぁ………。

 

 

 私の記憶が薄れていく前に、と思ったこと・感じたこと全部書きなぐりました。お目汚し失礼しました。

 

*1:国民的アイドル嵐、自担は大野智でした

*2:うちわ10枚弱、使わなかったツアーバッグ、ツアータオル等

*3:「100% I Love You」:「逆転Winner」通常盤に収録

*4:藤井流星中間淳太

*5:5/15発売の月刊Songsより

嵐オタに薦めるWEST曲

 

ジャニーズWESTVS嵐に出演(2015/02/19 O.A.)してから今日で丸2年。私事ながら、ジャニーズWESTと出会ってから丸2年がたった。嵐しか見てこなかった私を、他のグループだけではなく、ジュニアまでかじるようにしてしまったのだから、この放送は生活を変えたといっても過言ではないジャニーズWESTと出会わせてくれたVS嵐という国民的ゴールデン番組に感謝しながら、個人的に大切にしている今日という日に、嵐出のWEST担として、嵐ファンの方に少しでもWESTのことを知ってもらうべく、少しでもWEST沼に引きずりこむべく、盛大に前向きにステマさせていただきます(大真面目)

 

 

 

本記事では、

 

① 音源化済・映像化済

② 音源化済・未映像化

③ 未音源化・映像化済

④ 番外編

 

この4つのブロックに分け、雰囲気が似ている嵐の曲と合わせて紹介します。なお、雰囲気の似ている似ていないは私の主観なので、1意見として参考にしてください。

 

覚悟はいいですか?笑



じゃあそれではいってみよーーー!!!

 

 

嵐オタに薦めるWEST曲~~~~~~~!!!!!!!

 

 

① 音源化済・映像化済

 

 

・「Oh Yeah!」が好きなあなたへ

「青春ウォーーー!!」

【音源】「ズンドコパラダイス」※通常盤のみ

【映像】「ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ」

    「ジャニーズWEST CONCERT TOUR ラッキィィィィィィィ7」

カップリングのくせして、無条件に盛り上がれる、うぉううぉういぇいいぇいソング。振り付けもとっても簡単。手を左右に振ったあといぇいいぇいするだけ(雑)関西弁の歌詞だけど、コテコテを感じさせない爽やかさが良い。

 

 

・「ハダシの未来」が好きなあなたへ

「LET'S GO WEST ~KANSAI!!~」

【音源】「go WEST よーいドン!」

【映像】「ジャニーズWEST なにわ侍 ハローTOKYO!!」

    「ジャニーズWEST なにわともあれ、ほんまにありがとう!」

    「ジャニーズWEST 1st コンサート 一発めぇぇぇぇぇぇぇ!」

ジャニーズWESTのスタンドマイク使用曲。両手を使って一緒に踊りたいという方におすすめ。

 

 

・「CARNIVAL NIGHT part2」「NA!NA!NA!」が好きなあなたへ

「Ole Ole Carnival」

【音源】「go WEST よーいドン!」※通常盤のみ

【映像】ジャニーズWEST 1st コンサート 一発めぇぇぇぇぇぇぇ!」

    ジャニーズWEST CONCERT TOUR ラッキィィィィィィィ7」

ジャニーズWESTらしいにぎやかな夏の曲。実際に歌ってもかわいいんだけど、音源のガヤがおもしろいから、ぜひイヤホンで聞いていただきたい。

 

 

・「青春ブギ」が好きなあなたへ

「ホルモン~関西に伝わりしダイアモンド~」

【音源】「ラッキィィィィィィィ7」

【映像】ジャニーズWEST CONCERT TOUR ラッキィィィィィィィ7」

「青春ブギ」と比較するとちょっと、いや、だいぶ濃ゆい曲。オタ芸(ロマンス)します。

 

 

・「FUNKY」が好きなあなたへ

「アカンLOVE~純情愛やで~」「エエやんけェ!」

【音源】「アカンLOVE~純情愛やで~」:「パリピポ」

    「エエやんけェ!」:「なうぇすと」

【映像】「アカンLOVE~純情愛やで~」

    :ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ」

     「ジャニーズWEST CONCERT TOUR ラッキィィィィィィィ7」

    「エエやんけェ!」

    :未映像化

     /昨年12月の「ジャニーズWEST 1st ドーム LIVE 24から感謝届けます」で披露済、現在公演中「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2017 なうぇすと」でも披露。

「FUNKY」と雰囲気は全然違うけど、フルで振り付けがあるパラパラソング。「アカンLOVE~純情愛やで~」ではハート型のサングラスを、「エエやんけェ!」では白いジュリアナ扇子を使用します(用意しなくてももちろん大丈夫です)「アカンLOVE~純情愛やで~」は、間奏でアドリブの振り付けがあり、「エエやんけェ!」は、メンバー7人中3人が女の子になります。クッソかわいいです。

 

 

・「モノクロ」が好きなあなたへ

「キミコイ」

【音源】「パリピポ」

【映像】ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ」

ピンクのスパンコールスーツ着て白いバラを持って踊ってくれます。かっこいいっす。WEST1オシャレ曲っす。とりあえずこれは映像を見てほしい。

 

 

 ・「Cry for you」が好きなあなたへ

「Criminal」「Believer」

【音源】「Criminal」:「go WEST よーいドン!」

    「Believer」:「なうぇすと」

【映像】「Criminal」

    :「ジャニーズWEST なにわ侍 ハローTOKYO!!」

     「ジャニーズWEST なにわともあれ、ほんまにありがとう!」

     「ジャニーズWEST 1st コンサート 一発めぇぇぇぇぇぇぇ!」

     「ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ」

    「Believer」

    :未映像化/現在公演中「ジャニーズWEST LIVE TOUR 2017 なうぇすと」で披露。

「Criminal」「Believer」ともにゴリゴリのかっこいい曲。特に推しているのは「Believer」で、セットリスト後半に組み込まれていて疲労困憊のはずなのに、力強いダンスで魅せ、音源よりも力を入れて歌ってくれる。

 

 

 

② 音源化済・未映像化

 

 

・「PIKA☆☆NCHI DOUBLE」が好きなあなたへ

「Unlimited」

【音源】「なうぇすと」

メンバー曰く『爽やかなEDM』。MVこそないもののピカダブのMVを想像しながら聴いてほしい。「Let's go,Let'go, Hey!」っていうとこの振り付けが冗談抜きで相葉雅紀(片足上げて跳ねる)。

 

 

・「BAD BOY」(大野智ソロ)が好きなあなたへ

「I got the FLOW」(神山智洋藤井流星のユニット曲)

【音源】「なうぇすと」※通常盤のみ

 WESTとしては新しい挑戦となった全編ラップ曲。WESTのラップ担当である2人が、ライブ会場をクラブハウスに仕立てあげます。もし叶うなら「BAD BOY」と合わせてメドレーで見たい。

 

 

・「Rock Tonight」が好きなあなたへ

「ギラギラブベイベー」

【音源】「なうぇすと」

「Rock Tonight」と雰囲気似すぎ。合いすぎ。中間淳太による「…こっちこいよ」と濵田崇裕による「…お前だけやで」の囁きがたまらない。オタクを存分に煽って\\心のままシェケシェケナベイベーーー!!!//って叫ばせてくれる隠れ名曲。

 

 

・「五里霧中」が好きなあなたへ

「100% I love You」

【音源】「逆転Winner」※通常盤のみ

アップテンポな曲。片想いする男の子目線の歌詞がストレートでかわいい。リトルトーキョーライフのエンディングテーマ。

 

 

・『「じゃなくて」』(相葉雅紀ソロ)が好きなあなたへ

「無鉄砲ボーイ」(重岡大毅桐山照史中間淳太のユニット曲)

【音源】「なうぇすと」※通常盤のみ

ディズニーランドのトゥーンタウンでかかっていそうな、ジャジーでポップな曲。好きな女の子に振り向いてほしくて、メールしたりデートに誘ったりするも全部断られ、でも諦めへんでー!!!っていう、嘘みたいにかわいい。

 

 

・「Summer Splash!」が好きなあなたへ

「覚悟しろよSummer」

【音源】「人生は素晴らしい」※通常盤のみ

WEST担が「水をまいてほしい」と願ってやまない曲。湘南乃風のメンバーの方に書き下ろしていただいた、WESTらしい元気な夏ソング。

 

 

・「Shake it!」「P・A・R・A・D・O・X」が好きなあなたへ

「CHO-EXTACY」

【音源】「人生は素晴らしい」※通常盤のみ

新星の如く?現れたWESTの腰ふり曲。WEST史上最高に色っぽい、最高に攻めた曲。昨年12月の「ジャニーズWEST 1st ドーム LIVE 24から感謝届けます」で初披露、ドームにいたファンを骨抜き腰砕けにした。最年少小瀧望の吐息混じりの「CHO-EXTACY………」を見てしまったらもう戻れない。

 

 

③ 未音源化・映像化済

 

 

・「La tormenta 2004」が好きなあなたへ

「DA・RE・YA・NE・N!?」

【映像】ジャニーズWEST 1st コンサート 一発めぇぇぇぇぇぇぇ!」

ジャニーズWESTのメンバー紹介ラップ。ジャニーズWEST 1st コンサート 一発めぇぇぇぇぇぇぇ!」に映像として収録されてはいるものの、当時はタイトル未定だったのかセットリストには「紹介Rap」と表記されている。櫻井翔作詞の「La tormenta 2004」並みにメンバーの特徴を捉えた歌詞になっているので、「ジャニーズWEST 1st コンサート 一発めぇぇぇぇぇぇぇ!」を買ったらぜひ見てほしい。

 

 

 ④ 番外編

 

番外編では、惜しくも①②③に入ることができなかった、でもどうしても推したいWESTの曲を紹介します。

 


「PARTY MANIACS」

【音源】「パリピポ」※通常盤のみ

【映像】ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ」

    ジャニーズWEST CONCERT TOUR ラッキィィィィィィィ7」

通称「パリマニ」。曲調・ダンスともにジャニーズWESTで一番ギラギラしている。2番で藤井流星が「…what?」とニヒルに微笑みます。

 

 

「SCARS」

【音源】「パリピポ」

【映像】ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ」

しっとりとしたパーティーソング。EXILEの「Ti  Amo」を思い出させる。ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ」を買ったら絶対見てほしい、ジャニーズWESTってこんな曲も歌えるから!!!!!!!(真夜中に熱弁)

 

 

「Can't Stop」

【音源】「ジパング・おおきに大作戦」※初回盤Cのみ

【映像】ジャニーズWEST 1st コンサート 一発めぇぇぇぇぇぇぇ!」

    「ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ」

通称「キャンスト」。デビュー1年たたずして収録されたカップリング曲だが、それを感じさせないオシャレなダンスが魅力的。個人的にはジャニーズWEST 1st コンサート 一発めぇぇぇぇぇぇぇ!」のカメラワークがおすすめ。

 

 

「Eternal」

【音源】「ラッキィィィィィィィ7」※初回盤Cのみ

【映像】ジャニーズWEST CONCERT TOUR ラッキィィィィィィィ7」

ゴリゴリのEDM。ほんの少し闇が見えるような、ゾクゾクする曲。「Criminal」「Can't Stop」と合わせて「狂愛三部作」と呼ばれている(zoppさん作詞)

 

 

「one chance」

【音源】「なうぇすと」

【映像】未映像化

ドラマ「レンタル救世主」挿入歌。こちらもEDM。MVでもライブでも、ガッツガツに踊ります。藤井流星による「超イイ………」が、超!!!イイ!!!!!!!

 

 

 

 

以上、個人の主観で書き殴ってみました。シングル曲より、アルバムやカップリングの方がかっこいい曲が多めです(小声)嵐ファンの皆様、ぜひとも、ジャニーズWESTのことをお見知りおき願い申し上げます。

 

 

担降りの経緯~降り先:WEST編~

 

 

 

先日担降りを決意した私ですが、それまでの経緯を残しておこうと思います。

 

~降り先:ジャニーズWEST編~

 

 

 

なお、当時のツイートも時系列に貼り付けていきます。(まだジャニーズ用のアカウントを用意してない時のものもあり)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2015年】

 

 

 

2月19日に放送されたVS嵐で、ジャニーズWESTを認識する。 

 

f:id:specialrainbow:20160730152806j:plain

 

彼らのことは、

 

・Hey!Say!JUMPの関西バーションがある

・2014年4月に関西からデビュー

・ごくせんに出ていた子がいる

 

この程度しか知らなかった。そのVS嵐を見終わって、なにかをつかまれたような気がして、動画を検索し始めた。

 

 

 

感想は…

 

 

 

 

 

『なんてアホな子たちなんだ。』

 (すごく褒めてる)

 

 

 

 

 

でもメンバーと一緒にいるのが本っ当に楽しそうで、心から笑っていて、それだけで私の心が満たされた(マジレス)さらに深く知るうちに、CDデビューへの道のりが真っすぐではなかったことを知る。同情なんかじゃないけど、それを乗り越えて7人で笑い合ってると思うと胸がいっぱいになった。さらに、ファンの需要を把握しているし、強い自主性があって「俺らはこれをやりたい!こうしたい!こうなりたい!」と目標を明確に示し、実際に成し遂げてしまう子たちだと分かった。

 

 

 

『この子たちについていきたい』

 

嵐を応援し始めた時の感情がよみがえった。

 

 

 

 

 

2月下旬VS嵐の放送後すぐ。ジャニーズWESTが出演する番組(リトルトーキョーライブ*1)を毎週録画に設定したタイミングで、ジャニーズWEST初めての全国ツアーが決定する*2

 

 

 

ツアー日程を見た私

 

 

 

ゴールデンウィークに横アリ来るじゃん!!!マジかよ!!!」

※関東在住

 

 

 

しかしこんなド新規が潜り込んでもいいのだろうか、でも生で見たい、誰も誘う人がいない、でも生で見たい………

 

結果、ジャニーズWESTに会いたい』が勝ち、振り込め用紙を記入する運びに。もはや、誰か隣にいてほしい・1人は恥ずかしいなんて感情は投げ捨てていた。我ながらとんでもない行動力だと思う。

 

 

 

 

3月。着々とジャニーズWESTに堕ちていく。

 

f:id:specialrainbow:20160730154229j:plain

(当時はかけもちすることに抵抗があった)

 

 

 

f:id:specialrainbow:20160730154452j:plain

 

f:id:specialrainbow:20160730154502j:plain

 

f:id:specialrainbow:20160730154558j:plain

 

気になり始めてから2~3週間で音源揃えた私な。

(友人にひどく驚かれた)

 

 

 

f:id:specialrainbow:20160730154931j:plain

 

「ミッキーとしげ隣におるし!!!!!!!」

 

ジャニオタの傍らディズニーオタクもしている私は、たまたまとっておいてたリトラディズニー回を見て定期的に爆発。

 

 

 

デビュー1周年記念アルバム「パリピポ」の発売が決定する。

 

f:id:specialrainbow:20160730154910j:plain

 

遂にかけもちへの壁を突破。嵐と平行して応援する道を歩み始める。 

 

 

 

 

 

4月。会いたい気持ちがわずかにでも届いたのか、横浜公演オーラスに当選する。

 

f:id:specialrainbow:20160730153757j:plain

 

 

 

その後も順調に堕ちていく私。

 

f:id:specialrainbow:20160730155756j:plain

 

 

 

好きな気持ちをどんどん大きくしていく。

 

f:id:specialrainbow:20160730155842j:plain

 

 

 

アルバム発売とゼウス初回の時期が重なり、ディズニーアカウントのフォロワーさまにご迷惑がかかるとようやく気づいた私はジャニーズ用のアカウントを作る。

 

f:id:specialrainbow:20160730160421j:plain

 

 

 

さらにはアカウントの壁を越えてまで宣伝しだす。

 

f:id:specialrainbow:20160730160304j:plain

 

 

デビュー1周年記念パーティーという設定だから、CDジャケットでメンバー全員がInvitation Card(招待状)持ってるんだよ?(「パリピポ」初回盤)

 

設定できすぎてるじゃん?????

 

好きにならないわけないじゃん???????

 

 

 

 

 

5月6日パリピポ横浜最終公演に入る。

 

f:id:specialrainbow:20160730153925j:plain 

(ちなみに前日に嵐の番組協力に参加済。なんて充実したGWなんだ…)

 

 

 

当時はメモを持たずに公演に入ってたから、何がどうだったとか全然覚えてないんだけど、「あぁ~楽しかった~」と会場をあとにすることができた。

 

f:id:specialrainbow:20160730161010j:plain

  

(以下レポ)

 

f:id:specialrainbow:20160730161153j:plain

 

f:id:specialrainbow:20160730161204j:plain

 

f:id:specialrainbow:20160730161216j:plain

 

f:id:specialrainbow:20160730161233j:plain

 

f:id:specialrainbow:20160730161254j:plain

 

自分が印象に残ったことしか残してないけど(ばか)当時の私の現場史上最強の、かっこいい・かわいい・おもしろい・楽しいを兼ね備えた公演だった。

 

申し込んでよかった、好きになってよかった

 

と心の底から感じた。

 

 

 

 

 

f:id:specialrainbow:20160730215353j:plain

今思えば、この直感が担降りの始まりだったかもしれない…なんてね。 

 

 

 

 

【パリピポ公演後~2016年(現在)】

  

f:id:specialrainbow:20160730215702j:plain

あまりにもパリピポが楽しかったもので、嵐でつながった友人たちが感想をうんうんと聞いてくれた。優しい友人に囲まれていたんだなと頭が上がらない。

 

 

 

ジャニーズWEST 1st Tour パリピポは好評発売中です。

 

 

 

 

 

 

パリピポ以降のCD・DVD・Blu-rayも買いそろえ、2016年1~4月に開催されたラッキィィィィィィィ7ツアーには自身2回目の多ステを経験。*3 

なんや~かんや~ありまして、かけもちをやめてジャニーズWEST一筋に転向する決意を固める。なんやかんやの部分に関しては、後日別記事であげるか検討中。

 

 

 

 

最後に。

 

 

 

 

今日は、2016年7月30日。

 

 

 

 

 

ジャニーズWEST最年少の小瀧望くん、

ご成人おめでとうございます。

 

元々大人っぽかったのぞむだけど、合法で大人になってからも、ずっと、素直で、心優しいのぞむでいてください。

*1:現在はリトルトーキョーライフ

*2:ジャニーズWEST 1st Tour パリピポ

*3:ちなみに、初多ステは2009のHey!Say!JUMPの天国魂

いっつも同じじゃ物足んねぇ!だぁかぁらぁ!




単刀直入に。












担降りします。










嵐追うの疲れちゃいました。












とはいっても優柔不断なもので、すぐにはスパッと絶ちきれないので、





1位 嵐
2位 ジャニーズWEST

1位 ジャニーズWEST
2位 嵐


と優先順位を変えて、将来的(数年、いや数ヶ月先には)お茶の間オタクになれるよう、ちょっとずつ離れていく、という本来の意味と並べると緩いものです。


(と言いつつジュニアちゃんかわいい…なんて言い出したDDの端くれ)








色んな事例が重なって担降りにふみきるわけですが、大きなきっかけになったのは2つ。





1.平行した応援をすることで比較対象ができた




忘れもしない、2015年2月19日放送のVS嵐がきっかけとなって嵐とジャニーズWESTの所謂「かけもち」を始めました。



今までは嵐だけ見てきたところにジャニーズWESTが加わることで、グループの違い・個性を目の当たりにするように。





2.私の求めるものが変わった




かけもちを始めて、どうしてもグループを比較してしまうようになりました。



ここで、「嵐のここが好き」「ジャニーズWESTのここが好き」と両方の好きなところをそのまま大事にしていければよかったんですが、それができなかったんです。


求めるものが何かと言われると一言では表しづらいですが、私の場合は、嵐と同時進行で応援するのではなく、ジャニーズWESTががむしゃらにてっぺんを目指す道中についていきたい、という結論に落ち着きました。









※実は他にもちっちゃい要因がいくつかありますが、割愛します。










担降り記念日、とまではいきませんが、考えを自分なりにまとめた機会として、ここに残させていただきます。






嵐を知ることで、ジャニオタの道を歩んでくることができたし、






嵐に見せてもらった景色は、自分の青春の一部でもあり、






なにより、





交通機関と宿泊施設を押さえるのが劇的にうまくなりました。(こら、ふざけちゃだめ)






全部全部、糧であり、大切な思い出です。






嵐、ありがとう。





嵐が好きでつながったお友達には、こういった形での報告になってしまって申し訳ない気持ちでいっぱいです。本当にごめんなさい。




(とんだ我儘を言うようですが、これからも仲良くしてくれる人がいると嬉しいな………)




お目汚し失礼しました。










ジャニーズWEST、アカンめっちゃ好きやわ!

200字で分かるジャニーズWEST

 

嵐のワクワク学校2016初日まで残すところ2週間。自ユニと自ユニのコラボで、夜も眠れない(嘘)わたしだが、

 

今年の助手であるジャニーズWESTとはなんぞや?

 

そんな疑問が少しでも解決できるお手伝いができれば、と見切り発車でブログを開設してみた。(はてなブログやってる人がうらやましかったのも正直ある)

 

 

グループと個人の全8セクションで構成、自分の文章力も顧みず、各セクションを200字ぴったりにまとめてやったぜ。なおメンバーには3つのキーワードを補足。

 

※ただの自己満足なのであしからず。

 

 

 

 

 

 

2014年「ええじゃないか」でデビュー、関西ジャニーズJr.出身の7人で構成されたグループ。略称はジャニスト、ファンの呼称はジャス民。「グループでの居心地がいい」と言うほど仲良し。毎度コンサートのスタッフに愛される爆イケ軍団。ライブではファンのことを惜しげもなく「かわいい」と言うので勘違いして帰ることができる。全員が身長170cm超え。直近のアルバムリード曲*1では背中から羽を生やしている天使。最近アイスを被り始めた。

 

 

 

 

ガラケーに戻したい最年長。ジャニウェブの連載でファンの腹筋を割る文才の持ち主。母親の携帯電話番号を暗記しているTHEいい子。しかしやや遅めの思春期真っ最中で「28歳のうちに絶対彼女作る」宣言をしたり、おそらくそういうネタで書いていた連載がNGくらったり、まとめるとかわいい。ファンの呼称である「ジャス民」を誰よりも気に入っており、「ジャース民っ(ハァト)」とファンを甘やかす。ボーンインボンボン(お金持ち)。

 

 

 

  • 濵田崇裕 [紫] [麒麟の田村] [なで肩]

 

 心優しきみんなのヒーロー。みんなの濵ちゃん(重岡「濵田は俺のものやから、応援するなー!」)。VS嵐櫻井翔とのなで肩対決に見事勝利。衣装合わせで必ず肩パットの加減を気にしている。本人曰くダンスが嫌いだそうだが、持ち前の運動神経の良さでアクロバットをこなし、ジャニーズ1ポップアップ(ジャンプアップ)が上手いと言われている。身体の華奢さに似合わず、深みある歌声で皆を抱いちゃう罪な男。フェイククソ上手い。

 

 

 

  • 桐山照史 [橙] [特技はリバウンド] [泣き虫]

 

「あさが来た」で名を轟かせたムードメーカー。切り込み隊長で真っ先にボケに走る。食べることを何よりの幸せとしていて、「一日断食するより一日食べ続ける方がいい」と豪語。誰よりも感動屋さんで、誕生日ケーキが出てきたりファンの歌声聞いたりするだけで目が潤むんだとか。頼れるリードボーカルで、大事なところは絶対はずさない。アドリブの対応力が高く、昨年のMステウルトラフェスでのトラブルでもファンを落ち着かせた。

 

 

 

 

 

2016年最もめでたいモンキースリー*2の1人。WEST不動の癒しセンター…という紹介ラップ*3が作られたが、「ギャップ」とはコイツの為にあるような言葉で、ゴキブリのおもちゃでメンバーを驚かせウザがられる反面、今年11月公開「溺れるナイフ」の予告映像で数々のファンを沈没させた。良いと思うものには何でも挑戦する。現代には珍しく香水をつけず黒髪を貫く男。歯並びが異常に良く、直属の先輩関ジャニ∞ワニワニパニックと言われる。

 

 

 

 

 

歌・ダンス・料理・洗濯、何でもこなす器用な男の子。リトルトーキョーライフで派遣された先のアルバイトをすぐに習得し率なくこなしてしまう。しかし泳げない。「神ちゃんちっちゃい!」というメンバーからの野次に「ちっちゃないわ!」と返すが、171cmある。アカデミー俳優二宮和也よりも大きいので目を疑わぬように。金八先生をパロった「神八先生」が絶対的支持を集めている。気になったら「WEST 3.1415926535」という暗号で検索をかけるべし。

 

 

 

 

 

望み叶える流れ星。メンバーからも褒められる非の打ち所のないお顔。E-Girls藤井萩花藤井夏恋を妹にもつ理解不能の血統。圧倒的LDH顔なのにメンバー1天然で、ティーカッププードルをティーカップヌードルと言ったり水を飲み込まずに話し出したりする。意外にもライブ演出の案がこの子発信だったりする。詳しくは「一発めぇぇぇぇぇぇぇ!(発売中)」のドキュめぇぇぇぇぇぇぇンタリーまで。「パリピポ(発売中)」の名付け親は彼。

 

 

 

 

  • 小瀧望 [桃] [国民的弟] [BB(ビッグベイビー)]

 

7月30日で20歳になってしまう関西一のSexy Boy。甘い歌声に身長184cmというスタイルの良さ・アンニュイな表情を濫よ…活かして「FINEBOYS」ではモデルとして活動しているが、メンバー1の甘えん坊。濵ちゃんに抱きついたり噛みついたりしている。「きみはペット」はここに存在しているぞ。本当に育ちのいい子で、家族との時間を大切にし、ロケでミスしたショックで頭をガシガシぶつける桐山の動きを止めおでこをさすってあげる愛すべき最年少。

 

 

 

 

 思ったより200字という枠が窮屈だった…

 

 

他にも書きたいことたくさんあるのに入りきらない。

 

 

NHKで昔話*4やってたり。

 

 

アイドルのくせして、グループで団体芸なるものをもってたり。

 

 

例:\\そうきたか!//

(身体をのけぞらすのがポイント)

 

 

VS嵐で嵐と共演できたのが嬉しくて、他局しかり放送後3ヶ月くらいまでその話をしたり。

 

 

自分たちのコンサートの舞台装置(内円と外円が逆回転するセンターステージ、ポップアップ、リフター、火が出るやつ)にいちいちびっくりしたり。

(早くムビステに乗せてあげたい)(心の声)

 

 

とにかく。とっても素直で。とってもいい子たちなんです。

 

 

 憧れの嵐との共演で縮こまりそうだが、嵐ファンの皆様、あたたかく見守ってあげてください。

 

 

最後に。ジャニーズWESTの(勝手に)オススメのセトリを置いておきます。

 

  1. ええじゃないか
  2. パリピポアンセム
  3. SCARS
  4. ホルモン~関西に伝わりしダイアモンド~
  5. PARTY MANIACS

 

*1:「ラッキィスペシャル」

*2:V6・岡田准一、嵐・大野智ジャニーズWEST重岡大毅

*3:「DA・RE・YA・NE・N!?」

*4:ジャニーズWESTの日本昔話・世界昔話」、現時点で放送済→「桃太郎」「シンデレラ」「浦島太郎」「かぐや姫」「白雪姫」「花咲かじいさん」「大きなかぶ」「マッチ売りの少女」「三匹の子ぶた」※順不同